リフォームで新しく

レンガの壁

住宅というのは常に雨風に曝されていますので、ある程度家が劣化してきた場合にはリフォームなどで補強をする必要があります。とくに屋根や外壁などは常に紫外線を受けているので、それによって塗装の表面が劣化して粉状になる場合というのがあります。このような状態のままでは塗料本来の十分な防水効果を発揮することが難しいので、住宅の塗装工事をして防水面を強化する必要があります。もちろんこのような工事をするには大体の時期というのが決まっているのですが、その目安としてはやはり塗装の色褪せや壁のヒビなどが一般的にわかりやすい劣化状況として知られています。もし自分の住んでいる家がこのような状態になっている時には、なるべく早めに業者に相談をしましょう。

住宅の塗装工事に使用される塗料には様々なものがありますが、とくに最近人気が高いのがシリコン系の塗料です。塗料には一般的にアクリル系やウレタン系など様々な種類のものがあるのですが、その中でもシリコン系の材料というのは耐用年数が長いことで知られています。もちろん価格の方は他の塗料に比べると少し高めになりますが、しかし耐用年数を考慮したランニングコストで考えると、実際には何度も塗り替えをするよりも一度で長く持たせた方が最終的に掛かる費用は安くなります。もちろん耐用年数の短い塗料を使用して数年おきにこまめにメンテナンスをするという方法も良いのですが、あまり何度も工事をしたくない方にはやはりシリコン系がお薦めです。