住宅に欠かせない

庭の花壇

住宅が快適に過ごせるかどうかは、外壁によって決まります。断熱や防水を行える塗料を利用することで、住宅だけではなく外壁自体も長持ちさせることができます。技術の高い業者に依頼すると良いでしょう。

この記事の続きを読む

原因を知る

階段を登る子供

長年住んでいる住宅の場合、屋根の劣化が原因で雨漏りになります。屋根の状態を自分で判断することは難しいので、確認する際は業者を利用するとよいでしょう。原因をきちんと判断し、雨漏りを解消してくれます。

この記事の続きを読む

劣化していく

テーブルと椅子

建物は毎年風雨にさらされ続け、太陽光の紫外線を受け続けるために各所において劣化が進むものです。外壁などにクラックが生じたり、タイルに浮きが生じるとこれは雨漏りの前触れとも言えます。実際にはまだ起きていなくとも起きた後では被害も大きく広がる可能性もあります。 屋上のドレーン回りとかアスファルト防水層なども劣化するとそういうところから雨水漏れが生じることも十分考えられます。 こういう場合には打診法や赤外線のサーモカメラ等を使って検査を行い、問題ある場合には早めに雨漏り修理の処置を施すことが重要です。 屋上の場合も調査如何でやり変えたり雨漏り修理の工事を行う必要も出てきます。 今後は事前に判断してこれらの対策が取られるように変わって行くものと見られます。

外壁のクラックやバルコニーの付け根のクラック、スレート瓦の隙間などは放置しても差し支えないと考えがちですが。度重なる地震で大きく変化する可能性もあるものです。 特に外壁が道路面に近い場合には通行人の頭上から外壁の一部が落下することも考えられますので人身事故にも繋がります。 窓回りのコーキングが劣化すると即室内への水漏れに繋がる可能性も高いものです。 こういう場合には素人でも雨漏り修理が出来ると考えがちですが、十分な知識もなく工事用の足場も配備しないで対策を講じようとすると事故も起こらないとも限りません。 業者に雨漏り修理を依頼するには大体の相場を把握しておく必要があります。 サイトなど探すと外壁の修理や屋根修理、コーキング補修や屋根の葺き替えなどの大体の相場が掲載されています。多額の費用を請求されないようにするためにも注意が必要です。